製剤管理

製剤管理業務では製剤の準備・払い出し」「在庫数の管理」「保管温度の管理を主に行っています。
常時、輸血専任技師を1名以上配置し、安全な輸血製剤を円滑に準備できるような体制をとっており、日々の臨床支援に貢献しています。
安全に輸血製剤を使用することは当然ですが、製剤の有効利用の観点からも常に意識して、製剤の廃棄を阻止すべく臨床側への呼びかけなど、積極的に製剤の管理業務に取り組んでいます。
また、院内で使用している「輸血用血液製剤・血漿分画製剤」の一元管理を行っており、緊急時の輸血依頼にも滞りなく、迅速に対応できるよう努めています。

製剤の種類

〈輸血用血液製剤〉

・赤血球液(RBC)
・新鮮凍結血漿(FFP)
・濃厚血小板(PC)   etc.

〈血漿分画製剤〉

・等張アルブミン製剤
・高張アルブミン製剤
・免疫グロブリン製剤
・アンチトロンビンⅢ製剤
・ハプトグロビン製剤
・組織接着用製剤      etc.

廃棄血削減への取り組み

善意で提供された血液製剤を有効利用し、廃棄血を無くすことは重要とされています。
各血液製剤・血漿分画製剤には「保管温度・保存方法」が決められており、保管方法を逸脱すると製剤廃棄の原因となります。
特に輸血用血液製剤(RBC・FFP・PC等)は「保存温度・方法」が厳密なため、徹底した管理が必要です。

〈当院でのルール〉

・製剤は必ず使う直前に払い出す
・特別な理由(緊急時など)が無い限り、製剤は原則1本ずつ払い出す
・60分以内の投与開始の呼びかけ(チャームを用いて)
・病棟(ICUを除く)での製剤保管は禁止
・病棟間の製剤の受け渡しは禁止
・FFPの融解は必要分ずつ融解

前の記事

検査業務

次の記事

輸血部サテライト業務